Member

We create your pictures.

私たちは「想像」をかたちにします。

Chief Executive Officer | KENJI HARADA | 原田健司

Q

どんな子供でしたか?

A

物静かな少年だったと思います。

Q

小さいころの夢は?

A

今やっている事です。

Q

影響を受けた映画は?

A

サウンドオブミュージックですね。

Q

影響を受けた人は?

A

出会ってきた人々です。

Q

この仕事をはじめた経緯やきっかけは?

A

ケージェイプロダクションは、元々私が高校の時に個人事業でカラオケの制作会社として立ち上げたのがスタートでした。当時は、LDカラオケから通信カラオケにシフトする時代でもあり数多くの発注があり、ビジネスになりました。その後多くのミュージシャンと出会い、多くのCD制作に携わってきました。大学時代から起業する事は志していましたが、人脈や経験がまだまだ足りないと感じたので、卒業後は拠点を東京に移動し、放送局や広告代理店等、様々な職種につき人脈と経験を重ねながら会社設立を目指していました。当時は主にCD出版をメインに行っていましたが、CDを制作するにはエンジニアやデザイナー、カメラマン、プロモーションといった様々な職種のスタッフが必要ですが、これらをトータル的に請け負う事が出来れば、時間やコストの削減にもつながると思いデザイン事業(シンバクリエイティブデザイン)を立ち上げました。また、音楽を発信するためのシステム等を考案していましたが、エイベックスから相談があり音楽配信システムのフレームワークの考案をしていました。私自身も、PCで制作する音楽を中心に行っていたためITの世界にはとても興味がありました。その後、システムエンジニアとの出会いがあり、システム事業部(ケージェイシステムソリューション)を立ち上げました。資本金もたまり、これまでの事業を一本化にして2005年に株式会社ケージェイプロダクションを立ち上げました。開業後は、これまで音楽ベースで考えていたアイディアを活用し、クライアントの幅を広げ様々なプロダクト開発を行ってきました。
当時は、音楽を制作する専門会社でありましたが、実はビジネスも音楽と同じ様にアイディアを具体化する事が必要です。

Q

この仕事の一番のやりがいは?

A

考えていたアイディアがビジネスとなり、かたちになる時です。それからクライアントから信用を頂き、全てを任せて頂ける時です。

Q

この仕事を始めてから一番ピンチだったことは?

A

当時は、1人でやっていましたので、プロジェクトによっては外注する事がありました。しかし、納期前日になっても連絡がとれなくなり大変な事態になり打開策を思案しピンチを乗り切る事ができました。今ではスタッフが居ますのでそのような事はありませんが、この経験がスケジュールやプロジェクトチームをまとめる知識となりました。

Q

座右の銘はありますか?

A

初志貫徹。年輪経営。(座右の銘でないかな?)私の経営理念でもあります。急成長は必要ないので、木の幹の様にゆっくり成長したくましくなっていく会社作りを心がけています。

Q

自分を動物に例えると何ですか?

A

子鹿。動物占いの結果なので。

Q

休日は何をしていますか?

A

仕事と遊びは、完全に切り離しています。ラジコンを飛ばしに行ったり、クルージングなどを楽しんでいます。

Q

いつも持ち歩いているものは何ですか?

A

一般的ですが、スマフォですね。今は、スマフォがあれば大体の仕事が出来ますので、バッテリーとスマフォは必需品です。また、ビジネスのアイディアはノートに書きますのでペンとノートもリュックに入れ持ち歩いています。

Q

好きな移動手段は?

A

飛行機ですね!

Q

好きな通信手段は?

A

仕事柄、スカイプをよく利用していますので、生活の一部になっています。クライアントとの打ち合わせもスカイプを利用して行うケースが増えてきます。

Art Director | SHINYA KUMANO | 熊野真哉

Q

KJプロダクションでの自分の仕事を教えて下さい。

A

ディレクション、デザインを担当しています。

Q

この仕事をしていて今までで一番嬉しかったことは?

A

私がイメージする成果物をご提供し、クライアントに喜んでいただいたときです。
また、新たな分野のデザインを制作したとき(今までしたことのない分野のデザインをしたとき)も喜びと充実感があります。

Q

KJプロダクションで実現したいプランはありますか?

A

フレッシュなデザイナーを沢山育てたいです。そして常に初心に戻り、彼らから学びたいと常々思っています。仕事環境で言えば、どこにいても仕事が成り立つプラットフォームを確立させたいです。デザインという分野は広大なので、もっともっとデザインという言語で新たな世界へと開拓していきたいです。

Web Creator | JUNICHI ONOGI | 小野木純一

Q

KJプロダクションでの自分の仕事を教えて下さい。

A

主にコーディングを担当しております。その他にシステムやSEO対策等、広く担当させていただいています。コーディングとは、WEBサイトのデザインをHTMLと呼ばれるものを用いてインターネットエクスプローラー等のブラウザで表示できるようにする作業のことです。簡単に言いますと、設計図を元に実際に組み立てる作業のことです。

Q

この仕事をしていて今までで一番嬉しかったことは?

A

ありきたりではありますが、お客様に喜んでもらえた時です。
お客様から「ウェブサイトを褒められました」と、わざわざご連絡してくださるときがあります。そんな時は思わず顔がにやけてしまうぐらい嬉しいです。

Q

KJプロダクションで実現したいプランはありますか?

A

WEBのスペシャリスト(一級のエンジニア)になることです。
WEB業界の仕事をして人に頼られる(任される)喜びを知りました。
ウェブのことならKJプロダクションの小野木に任せれば大丈夫だ!と、そう思っていただけられるよう日々頑張っていきます。

チャットで質問する

ケージェイプロダクション メッセージ・チャットガイドライン

ただいまの時間帯はチャットによる受付は行っておりません。

お問合わせフォームよりお問合わせいただけますようお願い申し上げます。

お問合せはこちら